HOME  >  バンドマンの彼氏・彼女・恋人における嫉妬問題

バンドマンの彼氏・彼女・恋人における嫉妬問題

バンドマンの彼氏・彼女・恋人における嫉妬問題
カテゴリ:  バンドマンと恋愛  

現在の日本国内において、たくさんのバンドマンがいます。
今付き合っているまたは過去に付き合っていた彼氏・彼女などの恋人がバンドマンだったという経験も少なくないことでしょう。
今回は、そんなバンドマンの恋人体験あるあるで「嫉妬編」を紹介します。

バンドマンの恋人は嫉妬してしまうもの?

バンドマンの彼氏や彼女は、恋人に対して嫉妬をしてしまうことがあります。
これは別にバンドに限った話ではありませんが、恋人が異性と行動を共にするシーンをその相手が快く思わないことはよくあることです。

バンドマンはステージの上で脚光を浴びたり、メンバー同士が協力して音楽を作り上げる存在でもあります。
そのため、異性のお客さんやバンドメンバーなど、バンドに関わる人に嫉妬することは、仕方がないのかもしれません。
特に、バンドマンとしての恋人に興味を持ち、惹かれていったのであれば尚更です。

異性のお客さんへの嫉妬

バンドマンはステージの上では格好良く見えるのかもしれません。
迫力のある音を演出し、鮮やかな照明に彩られたパフォーマンスは、日常とは違った側面を見せてくれることでしょう。
それを感じるのは、バンドマンの彼氏・彼女だけでなく、他の異性にお客さんにとっても同様です。

バンドマンの恋人は「お客さんに支持されているバンドマン」を見て嫉妬し、「別のお客さんに横取りされるかも」と不安になります。
または、「お客さんにちやほやされているバンドマン」を見て嫉妬し、「自分を見捨てて他のお客さんとくっつくかも」となるのかもしれませんね。
特に異性のお客さんの多いバンドであるならば、余計にそれを感じされるでしょう。

お客さんはお客さんに過ぎない

とはいえ、恋人が理性のある普通のバンドマンであれば、そんな嫉妬や不安も杞憂で終わることでしょう。
確かにお客さんからちはほやされることは嬉しいです。
ですが、それ以上に自分のバンドや音楽を認めてくれるのがより嬉しいのです。
あくまでお客さんはお客さんであり、それ以上でもそれ以下でもないのです。

しかし、いわゆる「たらし」のバンドマンであれば、隙あらばそういうチャンスを有効利用するのかもしれません。
そんなことをするバンドマンであれば、嫉妬をする前に関係を終わらせてしまった方が、自分の今後の人生においてプラスになると断言できます。

バンドメンバーへの嫉妬

バンドメンバーというと、お互いが音楽のスキルを認め合い、協力してバンドサウンドを構築していく存在です。
それがバンドマンの恋人からしたら、友達以上に親密に見えてしまうこともあります。

これは本当にそのバンドマン次第となってしまいますが、バンドマンを音楽におけるパートナーとしてビジネスライクに捉えている人もいれば、強い絆の下で音楽を一緒にやりたいと考えている人もいます。
とはいえ、男女がそれなりの時間を共にすることで、男女の仲になってしまうことがあるのも事実です。
そういう意味ではお客さんよりもバンドメンバーの方が嫉妬や不安が現実化してしまうリスクは高いのかもしれません。

スタッフとして参加するのもあり

恋人とバンドメンバーとの関係性が気になるのであれば、手っ取り早いのがバンド活動についていったり、スタッフとして参加するのが良いのかもしれません。
さすがに恋人がいる前で男女の関係に持ち込もうとするメンバーはいないでしょう。

とはいえ、本来の目的は恋人の監視ではなく、恋人のバンドの応援ということを忘れてはいけません。
異性のバンドメンバーを敵視するなどもっての他です。
そういうのを感じ取ればバンドマンは恋人に対して、不信感や失望を募らせてしまうでしょう。

また、バンドはバンドだからと断られることもあるかもしれません。
バンド活動にプライベートを持ち込みたくないという考え方自体はいたって普通なことでもあるので、それは別にやましいことがあるからだと決めつけないでくださいね。

その嫉妬がバンドマンを悩ませているかも

バンドマンに対して、嫉妬してしまうのはある意味で仕方のないことかもしれません。
しかし、その嫉妬がバンドマンを悩ませている可能性もあるのです。

バンド活動の度に恋人から嫉妬をされていては、心の底からバンド・音楽を楽しむことが出来なくなってしまいます。
バンド活動自体にストレスが募ってモチベーションを低下させてしまうか、バンド活動を素直に応援をしてくれない恋人の存在が重たくなってしまうという事態に発展してしまうことは十分に考えられます。

根拠のない嫉妬はプラスにならない

恋人に対して嫉妬したり、心配してしまうことはバンドに限らず、普通にあることです。
しかし、多くのバンドマン(に限りませんが)は理性を持って、相手のことを大切にしてくれるものだと思います。
根拠のない心配や嫉妬は、自分にとっても相手にとっても神経をすり減らすため、プラスにはならずマイナスにしかなり得ません。

一バンドマンとして思うことは、バンド活動に対して、嫉妬や疑いという感情でなく、相手のバンド活動を素直に応援してあげてほしいと心から思います。
そもそも嫉妬深かったり、疑りやすい人というのはバンドマンの恋人には向いていないのかもしれません。
相手を信頼すれば、相手もまた自分に対して信頼し、お互いにとって素晴らしい関係が築けるものですし、そういう関係になれるかどうかは二人次第なのです。



このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

[+]コメントする

*・・・必須項目
お名前:
コメント(300文字以内)*

※コメントの入力文字数は300文字までです。
※コメント投稿の際は注意事項に同意したものとみなします。




最新記事

人気のある記事

カテゴリ

タグ




提携リンク

理結とハルさんのバンド入門講座
【理結とハルさんのバンド入門講座】






▲ページトップへ