HOME  >  良い曲・音楽なのに売れないバンドな理由とは?

良い曲・音楽なのに売れないバンドな理由とは?

良い曲・音楽なのに売れないバンドな理由とは?
カテゴリ:  バンド   音楽ネタ   バンドと集客  

ライブハウスでライブを観ていたり、テレビとかでふと耳にする音楽がとても良いと感じたことは皆さんもあると思います。
プロ顔負けの、いやプロ以上にかっこいいとか、好きになれそうな音楽に出会ったとして、そんな彼らが必ずしも商業的な面で成功しているとは限りません。
むしろ、苦戦していることの方が遥かに多いでしょう。
素晴らしい曲を書いて、魅力的なバンドであるのに売れない理由について考えてみます。



そもそも売れようという意思がない

まず売れるためには売れようという強い意思が必要であると思います。
そもそも売れたいとか、音楽を使ってお金を稼ごうと思っていないバンドはそうそう売れません。
ただの趣味や生きがいというスタンスでありながら、ステキなアーティストはアマチュアにもたくさんいますが、そういうギラギラしていない人達も多いのではないでしょうか?

もちろん、そんなつもりがなくても勝手に売れてしまったというバンドもいるでしょうが、結果は明確な意志が引き寄せるものでしょう。

良い曲、良い音楽を作ることに固執している

いつの時代もそうですが、良い曲を作る、素晴らしい音楽を奏でるだけでは売れるバンドになるのは難しいでしょう。
特に今の時代は。

音楽へのこだわりは、品質やオリジナリティにもつながるため大切なものではありますが、そこだけに固執してはいけません。
音楽やアーティストとしての自分を売り出していくには、適切なターゲットに対して、適切なアプローチを行い、自分たちの存在を認知してもらい、ファンになってもらわなければいけません。

お客さんの誰もいないステージや、自分の音楽に興味のないリスナーの前で歌っていても、売れるバンドになるのは難しいでしょう。
売れないバンドから脱却するのであれば、どのような戦略が効果的なのかを音楽へのこだわりと同じくらい必死に追求するべきです。



他のアーティストと並ぶ中で突き出る個性がない

実力があって、メデイアなどにも登場出来るようになると、売れるバンドへの道を着実に歩んでいると思います。
しかし、さらにそこから進み続けていくことは非常に難しくなります。
売れていけば売れていくほど、ライトな客層は増えていくものですが、彼らにとっての確かなアイドルにならないといけません。

自分たち単体ならとても個性的で魅力的なバンドであっても、同じようなレベルのばんやアーティストと並んだ時には、その中でも埋もれないオリジナリティが求められます。
そこで自分たちの存在・色を鮮明に出せれば、バンドとしてブランド力がつき、売れないバンドからはすでに遠く離れていることでしょう。

常に考え、行動し続けた者にのみ可能性が生まれる

いつの時代もそうですが、特に今の時代は売れるバンドになることはともかくそれでリッチな生活を出来るなんてことは本当に一握りの一握りであり、途方も無い茨の道だと思います。
例えば自分の子供がそんな道を歩みたいと言ったらとてもおススメして背中を押せる道ではありません。

しかし、それを目指すのであれば高い目的意識と戦略、客観的な視野を持ち、そして何より何があっても諦めない強く前向きなメンタルを持っていることが大切なのではないでしょうか。
そして、そうやって頑張っているバンドやアーティストを自分は応援したいですね。



このエントリーをはてなブックマークに追加






同じカテゴリの記事一覧

カテゴリ:  バンド   音楽ネタ   バンドと集客  

コメント

[+]コメントする

*・・・必須項目
お名前:
コメント(300文字以内)*

※コメントの入力文字数は300文字までです。
※コメント投稿の際は注意事項に同意したものとみなします。




最新記事

人気のある記事

カテゴリ

タグ




提携リンク

理結とハルさんのバンド入門講座
【理結とハルさんのバンド入門講座】



Music Ring おすすめ音楽インデックス
【Music Ring -おすすめ音楽インデックス-】



▲ページトップへ