HOME  >  ブッキングライブの客は紛れもなく出演バンド自身である理由とは?

ブッキングライブの客は紛れもなく出演バンド自身である理由とは?

ブッキングライブの客は紛れもなく出演バンド自身である理由とは?

日本にはたくさんのライブハウスがありますが、その中でもいわゆる"ハコ"と言われるあくまでライブを行うことのみを前提に作られているライブハウスがとても多いです。
そういったライブハウスでは、会場を貸し切って行う"企画ライブ"と、ライブハウスのスタッフさんが出演バンドを集めてライブを行う"ブッキングライブ"の2種類のライブを行っているケースがほとんどです。
今回はそのうち、ブッキングライブについて考えてみます。

ブッキングライブとは?

ブッキングライブとは、ライブハウスのスタッフさんが今までそのライブハウスに出演したバンドや、ホームページなどから連絡をしてきたバンドに出演依頼を出し、集まったバンドでライブを行う方法のことです。
テーマやジャンルがしっかりと決められていたり、各バンドのレベルや人気を揃えて行うブッキングライブもありますが、とにかく数だけ集めてライブを開催することが目的のような出演する側から見たら困ったブッキングライブもあります。

ブッキングライブのお客さんは出演バンド自身

ライブハウス側としては、出演バンドからノルマとして一定の金額をもらいますので、お客さんが来なくてもそれほど損はありません。
お客さんがパラパラと何人かきたとしても、ドリンク代程度しか売上は期待できないため、それなら出演バンドを増やした方がはるかにおいしいでしょう。
そういう意味でいえば、ライブハウス側から見たブッキングライブの本当のお客さんは出演バンド自身に他なりません。

なぜそのような図式になってしまうのでしょうか。
それはまさしくライブハウスの集客力における課題が大きな要因と言えます。

ライブハウス側は集客を行わない

会場を貸し出す企画ライブではもちろん集客はバンドや主催者自身で行わなくてはなりませんが、実はブッキングライブにおいても集客はバンド自身がやる必要があります。
もちろん、ライブハウス側でもホームページにイベントの内容を掲載したり、フライヤーを掲示することもありますが、集客という効果はほぼ期待出来ません。
またライブ専用のライブハウスの場合は、レストランやバーのようにおいしい食事やお酒が用意されている訳ではありませんから、飛び込みのお客さんというのも基本的にはいないと思ってよいでしょう。

一般のお客さんが多数来場する見込みが立てられないのであれば、ライブハウスが存続するためには出演バンドからお金を集めるしかありません。
ライブで1バンドが要する時間というのは、リハと本番を合わせると約1時間少々が大体目安かと思いますが、それで約30,000~40,000円程度の費用がかかります。
この金額は出演バンドからしたら決して安いものではありませんが、それでもライブハウスをビジネスと考えた際にはあまり儲かっているとは思えず、現状のビジネスモデルには限界が見えているのではないかというのが率直な感想です。

ブッキングライブの意義・メリットとは?

本記事の書き方からすると、まるでライブハウスが悪いと感じる方もいるかもしれませんが、このような状況を生んだのは決してライブハウス側だけの問題ではなく、このブッキングライブという制度には当然、意義やメリットもあります。

お金さえ払えば出演バンドのレベルやジャンルに関係なくライブに出演出来るというのは、ライブにあまり出たことのない初心者バンドや、上京してきて周りに知り合いがいないようなバンド、またはライブ出演自体を趣味とするアマチュアバンドが、ステージに上がれる受け皿となっているのです。
もしも、全てのライブハウスが高い集客力を持っていたとするならば、ライブハウス側もお客さん離れが恐いので、出演するバンドのハードルは非常に高くなってしまい、出れるライブが非常に少なくなってしまいます。

ブッキングライブを有効活用できるかはバンド次第

ブッキングライブというのは集客において課題があることについて紹介しましたが、ブッキングライブ自体は悪でもなんでもなく、ライブに出演する一つの手段です。
うまく利用すれば、バンドにとってプラスにすることが出来るのは間違いありません。
結局、ブッキングライブを有効活用するか、そして出来るかは、そのバンド次第とも言えますので、ブッキングライブに出演する場合には、自分のバンドにとっての目的や効果をしっかりと考えてみてください。



このエントリーをはてなブックマークに追加



同じカテゴリの記事一覧


コメント

[+]コメントする

*・・・必須項目
お名前:
コメント(300文字以内)*

※コメントの入力文字数は300文字までです。
※コメント投稿の際は注意事項に同意したものとみなします。




最新記事

人気のある記事

カテゴリ

タグ




提携リンク

理結とハルさんのバンド入門講座
【理結とハルさんのバンド入門講座】






▲ページトップへ