HOME  >  BUMP OF CHICKENの藤原基央の歌詞はなぜ評価が高いのか?

BUMP OF CHICKENの藤原基央の歌詞はなぜ評価が高いのか?

カテゴリ:  音楽ネタ   アーティスト  

もはや知らない人はいないというほどの知名度を持つ人気バンド「BUMP OF CHICKEN」。
ロック、またはオルタナティブロックというジャンルをメインとした彼らの音楽は、その独特な世界観を持った楽曲の魅力もさることながら、ボーカルの藤原基央さんの書く歌詞が、老若男女から絶大な支持を受けています。
そこで今回は、BUMP OF CHICKEN、藤原さんの書く歌詞の評価が高い理由について、自分なりに考えてみます。

曲という物語

これはバンプに限った話ではありませんが、藤原基央さんが書く歌詞の多くは、曲がそのまま物語になっています。
特に「K」や「車輪の唄」などは非常に分かりやすいです。
まるで絵本を読み進めるかのような物語の高い歌詞と、それを演奏がより具体化・昇華させ、もはや音楽という垣根を越えて心を揺さぶるような、高いクオリティがあります。

「事実」という切り口

BUMP OF CHICKENの歌詞のもう一つの特徴といえば、事実を歌っていることではないでしょうか。
バンプの藤原基央さんが書く歌詞においては、基本的には曲という物語が進んでいっても、書かれているのは一つ一つは小さな淡々とした事実の集合体です。

キレイごとや、ただ単に甘い響きのような言葉は1つも使われていません。
・・・一つもというのは正直、言いすぎなのかもしれませんが、それくらい嘘やまやかしの無い歌詞ばかりが書かれているように感じます。
事実というものはとにかく説得力があり、例えば人が事実を言われて反論できずに感情的になるのと同じように、心に直接響く重たいものでもあります。

驚くほど繊細、精細な風景・心情描写

物語性があり、ただひたすら事実を語る歌詞・・・それを支えるバックボーンとなるのが、驚くほど繊細かつ精細な風景描写および心情描写です。
物語の中で出てくる「僕」や「きみ」がどんな人物でどんな心境なのか、またどんな場所で何をしているのか。
そこから何が見えるのか、何が聞こえるのか。
その上で物語が進むにつれて、それがどのように進行していき、どのような結論に達するのかという変化が精密に描かれています。

このような深い掘り下げが、リアリティに富み、熱を帯びた物語を生み出します。
例えば、上記で挙げた「車輪の唄」という曲がありますが、その歌詞の内容というのはぶっちゃけて言ってしまえば、「遠くに行く君を自転車で駅まで送っていって、別れを告げる」だけのストーリーですが、それを感情という内側と、景色や音、行動といった外側の面とが絶妙に絡み合い、物語に深みや感動を作り出しています。

いずれの過程にもBUMPの個性

ここまでBUMP OF CHICKENの歌詞の特性を考察してきましたが、バンプの歌詞の評価が高いのは、「物語を事実という切り口で、精密に描く」というスタイルが個性的であるということ、またそのクオリティが高いからに他ならないと思います。
歌詞を書く切り口というのはアーティストごとに様々ですが、どこかインディーズ的で影がある彼らの雰囲気に、非常にマッチしているように感じますので、それがより彼らの音楽の評価を高めているのではないでしょうか。



このエントリーをはてなブックマークに追加



同じカテゴリの記事一覧

カテゴリ:  音楽ネタ   アーティスト  

コメント

[+]コメントする

*・・・必須項目
お名前:
コメント(300文字以内)*

※コメントの入力文字数は300文字までです。
※コメント投稿の際は注意事項に同意したものとみなします。




最新記事

人気のある記事

カテゴリ

タグ




提携リンク

理結とハルさんのバンド入門講座
【理結とハルさんのバンド入門講座】






▲ページトップへ