HOME  >  一緒にバンドをやりたくないボーカルの特徴とは?

一緒にバンドをやりたくないボーカルの特徴とは?

一緒にバンドをやりたくないボーカルの特徴とは?
カテゴリ:  バンド   ボーカル  

バンド活動を行う上でボーカルという存在は非常に重い存在です。
各メンバーにある程度の技術が備わっている場合には、ボーカルの良し悪しがそのままバンドの評価に直結するといっても過言ではありません。
さらに言うのであれば、バンドをやっていて充実しているかというのもボーカルにかかっているとも言えます。
そこで今回は、一緒にバンドをやりたくないボーカルの特徴を考えてみることで、理想のボーカル像を追いかけるという趣旨で少し刺激的な内容をお送りします。

自主性・主体性がない

ぶっちゃけて言ってしまえば、ボーカルはバンドの主役であり、顔であり、個性であり、アイデンティティであります。
つまりボーカルの存在=バンドの存在とも言えます。
そのため、ボーカルにバンドをどうしていきたいのかという自主性・主体性がないと、バンド全体の存在がもやっとしてしまうのです。

明確な意思表示をしないボーカルというのは、自らの存在を主張する意志力がないため、表現においても自らのオリジナリティを示すことが難しいです。
ボーカルが先頭を切って走っていくくらいの方がバンドはうまく回ります。

努力をしない

ボーカルというと歌を歌うだけの簡単なパートです、または才能やセンスが問われるパートですと思われることが多いのですが、当然そんな訳はありません。
声の出し方ひとつとっても奥が深いですし、音程(ピッチ)の精度やリズム感、音楽理論や表現力、そしてパフォーマンスなど多くの項目においてセンスや才能だけでどうにかなるような甘い世界ではありません。

むしろ、歌を歌うだけというシンプルな行動だけに、努力による詰めが非常に大きな意味を持ちます。
ボーカルになること自体は簡単ですが、ステージの上で脚光を浴びることというのは、そんなに誰でも簡単に出来ることではないということです。

ボーカルにおいては目に見える成長というのは分かりにくい部分でもあります。
バンドの演奏曲を増やすたびにしっかりと歌詞を覚えてくるといった行為は、他のメンバーから見ても努力をしていてやる気があると好意的に見られること間違いなしです。

自分に自信が無くて病む

自分の能力に自信がなく、ブログで愚痴ったりメンバーに相談したり、勝手に病むタイプというのも一緒にバンドをやるには面倒なタイプです。
自分に自信がないのであれば、自信がつくまで練習を重ねるべきだと思いますし、そういうのを愚痴ったブログを見た人(特にファン)がどう思うのかを想定するべきです。

またバンドメンバーは家族でも友達でもなければ同僚でもありません。
一緒に音楽を創り上げるという、ある意味でビジネスパートナーに近い存在とも言えます。
(もちろん、友達であったり家族を兼ねている場合もあります)
そのため、より良い音楽を追求するための悩みや相談であれば喜んで乗りますが、ただの自分の不安解消には付き合いきれません。
メンタル管理もバンドマンとしての能力の一つなのです。

逆を実行して信頼されるメンバーに

今までボーカルに対して厳しいスタンスで書いていますが、これは当然他のパートにも言えますし、努力しているボーカルの方がたくさんいることももちろん理解しています。
しかし、ボーカルというのは始めることのハードルが低いこともあり、「ボーカル=簡単」という思考につながりやすいことも事実です。
個人的には一番難しくて大変なパートだと思っています。

今回の記事で紹介した逆のことを実行していれば、おのずとバンドメンバーから信頼されるボーカルになることは間違いありません。
バンド活動に積極的で主体性があり、日々努力を重ねて、その努力や自分の能力に対して自信を持ち、素直に反省もするなんて素敵なボーカルがいましたら、真っ先に自分が一緒にバンドをやりたいです。



このエントリーをはてなブックマークに追加



同じカテゴリの記事一覧

カテゴリ:  バンド   ボーカル  

コメント

[+]コメントする

*・・・必須項目
お名前:
コメント(300文字以内)*

※コメントの入力文字数は300文字までです。
※コメント投稿の際は注意事項に同意したものとみなします。




最新記事

人気のある記事

カテゴリ

タグ




提携リンク

理結とハルさんのバンド入門講座
【理結とハルさんのバンド入門講座】






▲ページトップへ