HOME  >  友達がバンドのライブを見に来てくれない理由とは?

友達がバンドのライブを見に来てくれない理由とは?

友達がバンドのライブを見に来てくれない理由とは?
カテゴリ:  バンド   バンドと集客  

アマチュアバンドが集客を行うその対象としてメインとなるのが知人・友人です。
しかし、友達をライブに誘っても中々見に来てくれないと感じている方もいるかもしれません。
今回はその理由について考察したいと思います。

そもそも友達ではない

友達なのにライブに見に来てくれない。。
友達なのにライブの告知メール送ったのに返信もくれない・・・。

・・・という発想がそもそも実はおかしいのです。
チケットノルマなどは出演するバンドが払うことになるのでしょうが、チケット代を払って自分のバンドのライブを見に来てくれるのです。
それはつまり、友達という名のお客様なのです。

その時点で「友達と遊ぶ」という行為ではありません。
まずはそこを理解し、見に来てくれる友達やわざわざ営業メール・メッセージに返信をくれた友達への感謝を忘れてはいけません。

もちろん、何もアクションを起こさなかった友達もその心境については不明です。
もしかしたらライブに言っても良いと思ってはいたかもしれません。
少なくとも営業をかける側の自分達が友達にネガティブなイメージを抱く道理は皆無なのです。

ライブを見に行く < チケット代・交通費・時間

友達が自分たちのライブを見に来てくれない理由は何でしょうか。
結局のところ、自分達のバンドのライブを見ることよりも、そのためのチケット代や交通費、時間などが重いと思っていることに他なりません。
自分達だって友達が開催するライブやイベントに無条件で参加しないと思いますが、それと全く同じことが友達にも起きているだけの話です。

むしろライブに来てくれる理由って何?

逆に自分たちのライブを見に来てくれる理由を考えてみましょう。
大体、以下のようなものが浮かびます。

・自分たちのバンドのことが好きだから
・友達としての付き合いで
・ライブ自体が好き・興味があったから
・何となく暇だった・用事のついで
・金銭的に余裕があった
・バンド仲間として

友達のライブを見に行くというのは実は結構ハードルが高いものであることを忘れてはいけません。
自分のバンドやライブ自体に興味がなければ足を運びませんし、わざわざライブを見に行くくらいの間柄でなければ、そもそも付き合いでも行きません。
友達が自分のバンドのファンになっているのでなければ、たまたま気分とか用事とかのタイミングが重なって初めて、足を運んでくれるのです。

しかし、実は優良顧客

友達がなかなかライブに来てくれないと思っていませんか?
実はそれでも友達というのは相当に優良顧客なのです。
例えば、10人の友達を誘って1人の友達が来てくれれば成果率は10%、20人に1人なら5%です。

でも自分のことも知らない通行人に声をかけたとして、それだけの成果を挙げることが出来るでしょうか。
たまたま自分のバンドの曲を動画投稿サイトで見た人が、実際にライブに来てくれる可能性はそんなにあるでしょうか。
ぶっちゃけていえば、そのような集客方法では成果率なんて1%も行けば凄いことだと思います。

それほどまでに「知人・友人である」ということは営業的には強力なアドバンテージを持っているのです。
ただ、こちら側も友達のことを知っているため、断られる・返事が来ないことが心象として残りやすく、「友達がライブに見に来てくれない」と感じるのではないでしょうか。

友達顧客を増やすならバンド仲間が一番

友達をバンドの顧客とすることの是非や合理性はともかくとして、友達顧客を増やすのであれば、バンド仲間を増やすことが一番の近道です。
バンドをやっている人であれば、音楽には興味があるでしょうし、ライブハウスに足を運ぶことにも抵抗はありません。
バンドのクオリティが高ければ、常連になってくれる可能性も高いでしょう。

しかし、あくまで友達は友達。
お客さん候補として利用しようとしているのであれば、その関係は長くは続きません。
よくライブに見に来てくれるのであれば、自分もその友達のライブを見に行くのが筋だと思います。
少なくとも、相手に敬意と感謝を持って接するのは言うまでもないことです。



このエントリーをはてなブックマークに追加



同じカテゴリの記事一覧

カテゴリ:  バンド   バンドと集客  

コメント

[+]コメントする

*・・・必須項目
お名前:
コメント(300文字以内)*

※コメントの入力文字数は300文字までです。
※コメント投稿の際は注意事項に同意したものとみなします。




最新記事

人気のある記事

カテゴリ

タグ




提携リンク

理結とハルさんのバンド入門講座
【理結とハルさんのバンド入門講座】






▲ページトップへ