HOME  >  バンドの営業やライブの集客ってバンドマンの仕事なの?

バンドの営業やライブの集客ってバンドマンの仕事なの?

バンドの営業やライブの集客ってバンドマンの仕事なの?
カテゴリ:  バンド   ライブハウス   バンドと集客  

アマチュアのバンドマンというのは集客や広報、ウェブサイトの運営や営業活動、イベントなどの手配を全て自分達でやっていることが多いです。
しかし、それでは肝心の音楽の制作活動以外のことが多いような気がします。
そこで今回はバンドマンがするべき活動の範囲はどこまでなのかを考察します。

良い音楽を創ることが本業

音楽を創り上げるシンガーやバンドのことをアーティストと呼ぶことも多いです。
アーティストとは芸術家のことであり、芸術を生み出すことを目的に活動する人のことです。
バンドマンがアーティストであるならば、バンドマンの本業はクリエイティブな音楽を創ることが本業ということになります。

会社では、営業・総務・広報・開発・作業・・・というように仕事が細分化され、それぞれに担当者が存在します。
その理論でいうのであれば、バンドマンなら楽曲制作やバンドサウンドの向上といった作品作りに専念するべきであると思います。

ライブの集客はライブハウスがやれよ!

バンドマンの主なアウトプットは、ライブと音源販売の2つです。
その中でもアマチュアバンドマンにおいてはライブは非常に重要な活動です。
しかし、ライブ会場には閑古鳥が鳴くことも日常茶飯事です。

バンドマンが音楽を創り出すことが本業なら、ライブハウスはライブイベントの運営が本業のはず。
そうであるならば、ワンマンライブならともかく、複数のバンドが出演するライブの集客は、本来ならライブハウスが行うべきことのように思えます。

しかし、実際にはライブハウスがあまり集客をしないことは、「ライブハウスが出演料としてチケットノルマを課す理由とは?」で書いた通りです。
そのことの是非はともかくとして、その現状は簡単には変えようもありません。

ではその集客、誰がやるの?

ライブを開催するうえで、バンド側とライブハウス側しか存在しない場合(これがほとんどですが)。
そして、ライブハウスが集客をしてくれない場合、誰が集客をしなければならないのでしょうか。
答えは「バンド」がするしかありません。

「するべき」とか「本業」とかそんな言葉は、この実情においては残念ながら何の意味も持ちません。
その言葉にすがり、バンドが音楽の品質向上に専念すれば、お客さんのいないガラガラのライブハウスでライブをせざるを得ない現実が待っているからです。

バンドマンが作品作りに専念する方法とは?

作品作りも営業も広報も会場の手配も全てバンドマンがやっているのは何故でしょうか。
それは誰かに雇われたり、バンド活動を行うという契約を結んだわけではなく、自分の意志でバンドを組み、そのバンドだけで活動しているからです。
仕事でいうのであれば、まさしく自営業という言葉がピッタリですね。

バンドマンが本来の本業である作品作りに専念できる方法はあります。
それは「誰かと組む・依頼する・組織に所属する」というバンド以外の人間と協力することです。
選択肢としては、自分が代表としての権利を放棄して事務所に所属するか、誰かに他の仕事を依頼(アウトソーシング)することです。

誰かに依頼することは、取り分が減ること

しかし、この方法には大きなデメリットがあります。
事務所に所属する場合には、活動の内容を事務所側が決めてくれるのは負担が軽減する一方で、自由度が制限されることを意味します。
そして何よりも、お金の問題が発生します。

事務所に所属するにせよ、仕事を誰かに依頼するにせよ、人を使うまたは人に使われるわけですから、取り分が減ります。
バンドとしての売り上げから引かれたり、ギャラとして支払うことで自分達に入ってくるお金が減るということです。
彼らも慈善事業でやっているわけではありませんから、それは至極当然なことで非常にフェアです。

作品作りに専念するかは自分次第

バンドマンは本来であれば、作品作りに専念するべきです。
そして、それを実現する方法もあります。
しかし、それは取り分の減少や自由を制限されることでもあります。

結局のところ、自分達がバンドとしてどのように活動していきたいのかという点に尽きるのだと思います。
全ての作業を自分達で行って、取り分を全て自分のものとして、誰にも指示されずに自由に活動するのか、それともそうでないのか。
自分にとってどうするのが良いのかを考えながらバンド活動を進めていきましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加



同じカテゴリの記事一覧

カテゴリ:  バンド   ライブハウス   バンドと集客  

コメント

[+]コメントする

*・・・必須項目
お名前:
コメント(300文字以内)*

※コメントの入力文字数は300文字までです。
※コメント投稿の際は注意事項に同意したものとみなします。




最新記事

人気のある記事

カテゴリ

タグ




提携リンク

理結とハルさんのバンド入門講座
【理結とハルさんのバンド入門講座】






▲ページトップへ