HOME  >  感情・スタイル・テクニック・・・ボーカルの個性って何だろう?

感情・スタイル・テクニック・・・ボーカルの個性って何だろう?

感情・スタイル・テクニック・・・ボーカルの個性って何だろう?
カテゴリ:  ボーカル  

ボーカルはバンドの顔であり、主役です。
そして、バンドの最大の個性であり、アイデンティティでもあります。
そのため、バンドには強烈な個性が求められますし、自分の感情を届ける能力も必要です。
世の中には星の数ほどのバンドがいて、本当に個性に富んでいます。 その中で個性的なボーカルになるためにはどうすれば良いのかを考えるのが今回のテーマです。

まずは声が個性の始まり

ボーカルはそれぞれ違う声質を持ち、それがオリジナリティになります。 声自体が特徴的かつ魅力的であれば、それだけで大きな武器になるとも言えますが、声という素材をどのように活かすかというのも非常に大きなポイントです。 ボーカルとしての個性は、大きく分けて4つのタイプに分けられると思っています。

魂で歌うタイプ

スピリッツ、情熱で歌うタイプです。
顔を歪ませて、声を張らせて、暑苦しいくらいに感情を最前面に出して歌うボーカルというのは、聴いていてとても気持ちの良いものです。
分かりやすく重厚なメッセージ性というのは訴求力がありますし、そのボーカルが魂を込めて歌っているというのは多くの人の心を動かすことでしょう。

スタイルで歌うタイプ

自分の中で絶対的なスタイルを確立しているタイプのボーカルです。
自分ならではの長所を突き詰めて、そのポリシーを全面に打ち出して歌うタイプというのは、感情こそ全面に押し出していないのかもしれませんが、リスナーにとって興味を持ったり、好きなタイプであれば、それは中毒性を持つようにのめり込んでいきます。
例えば、「きゃりーぱみゅぱみゅ」や「the brilliant green」、「L'Arc-en-Ciel」のように確固たる世界観を持っているボーカルが該当します。

歌い手として歌うタイプ

ボーカルとしての能力を示して歌うタイプです。
腹式呼吸でしっかりと声を出し、伸ばしどころはきっちりとビブラートを利かせて、ひとつの曲を高品質な商品に仕立てるような歌い方は、曲への賛美よりもボーカルへの評価につながることが多いように思えます。
「綾香」や「JUJU」、「MayJ」などが該当すると思います。

アイドルタイプ

歌やダンス、ルックスなどを全て含めたエンターテイメントとして体現するボーカルです。
技術の高さや熱い感情を表に出すと言うよりは、自分の魅力を表現して、お客さんに夢や希望、楽しい空間を提供することを重視しています。
音楽通には否定されることの多いスタイルですが、一般ウケは非常に良い印象があります。
ジャニーズ系列やAKB系列、EXILEなどもこれに該当します。

ボーカルとしての個性を突き詰めよう

ボーカルというと声質というオリジナルが柱にあります。
その素材を活かすことというのは、歌のうまさだけが重要されている感がありますが、そんなことはありません。

熱い想いが好きな人もいれば、クールに自分のポリシーを貫くアーティストが好きな人もいて、技術の高い歌を聴きたい人もいれば、歌やダンスやルックスと一般ウケしやすい身近で励まされやすいアイドルを好きになる人など、リスナーによって様々だと思います。
ボーカルをされている方は「自分の武器・魅力は何なのか」を突き詰めて考えてはいかがでしょうか。
そして、自分が一番活きるやり方・スタイルを考えていくと、個性の強いボーカルに近づいていけると思います。



このエントリーをはてなブックマークに追加



同じカテゴリの記事一覧

カテゴリ:  ボーカル  

コメント

[+]コメントする

*・・・必須項目
お名前:
コメント(300文字以内)*

※コメントの入力文字数は300文字までです。
※コメント投稿の際は注意事項に同意したものとみなします。




最新記事

人気のある記事

カテゴリ

タグ




提携リンク

理結とハルさんのバンド入門講座
【理結とハルさんのバンド入門講座】






▲ページトップへ